ワードプレスを使ってサイトを作ってみましょう。(有料)


 

こんにちは。

当ブログにご訪問有難うございます。

ワードプレスで自分のサイト・ブログを作ってみましょう。

講座開設から説明いたします。

WordPressの特徴と魅力

 

これからの時代は個人で稼ぐ時代です。

小さな会社や個人のお店で、サイトを作ろうとしても、

最初から多くの予算をかけられません。

 

CMS を導入しても、なるべく安く、出来れば、

無料のものを選びたいものです。

意味 : CMS(Contents Management System)とは、
HTMLやCSSのようなWebサイトの制作に必要な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです。CMSを導入することで、Webページの作成や更新を簡単に行うことでき、初心者でもWebサイトを運用する、ことができます。

WordPressは、利用の自由を保障する「GPL」 と言う

オープンソース・ライセンス形態をとるソフトウエアです。

 

デザイン(WordPressでは「テーマ」と呼ぶ)や機能を追加する

プログラム(「プラグイン」と呼ぶ)の多くも無料です。

 

企業や店舗のサイトでも、サークルや個人の趣味サイトでも、

まず小さくサイトを立ち上げて、運営を続けながら育てて行きたい、

という場合が多く、そのような時に、WordPressのように高機能なCMSを

無料で使い、最初から完成度が高く運営しやすいサイトを

立ち上げられることは、

非常にありがたいことです。

他にも魅力として、世界中に多くの利用者、開発者がいて、

テーマや、プラグインが多彩で、かつ豊富に提供されていることが魅力です。

 

そのため、自由にデザインを選び、欲しい機能を持たせて、

様々なサイトを作ることが可能です。

 

WordPressが選ばれる理由

・無料で利用できるために利用しやすい

・テーマやプラグインが豊富で、カスタマイズ性が高い

 

用意するものは、

1・サーバー

2・ドメイン

3・メールアドレス

 

「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」

 

最初に、WordPress(ワードプレス)をインターネットのサーバー上で

動かすプログラムなので、WordPress(ワードプレス)が使える

レンタルサーバーと契約します。

 

サーバー server とは土地のようなものです。

 

次に、独自ドメインを取得します。

ドメインとは、住所のようなもので、

「impress.co.jp」「Google .com」のような土地の家を建ててWebデザインの

住所に当たるものです。

 

私の場合は、

1・エックスサーバーで契約

2・独自ドメイン取得

が必要になります。

 

WordPress(ワードプレス)とテンプレート

 

 

次にサイトを作れるまでの準備として、設定をします。

1・WordPressのインストールをします。

 

2・テーマテンプレートのインストールが必要です。

 

テンプレートは、どのようなデザインにするのかご自分の好きなデザインをしよう出来ます。

 

楽しんで下さい。

 

この後、便利なプラグインも紹介して行きます。

 

ここまで来て、サイトが出来て記事を書き始められます。

 

もっと詳しく説明して行きます。

まとめ

 

WordPress(ワードプレス)を使う作業のながれとして、

1・レンタルサーバーと契約

2・独自ドメインの取得

3・独自ドメインの設定

4・WordPressのインストール

5・テンプレートのインストール

6・ブログの初期設定をする

 

最初は何でも大変ですのでよく注意して、

WordPressの初期設定まで頑張って下さい。

 

プロにお任せすることも出来ますが、自分でサイトが作れるようになると嬉しいです。

 

長くなってしまいましたが、次回から丁寧に説明して行きたいと思います。

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 

一緒にサイトを作って行きましょう。